忍者ブログ

みちのくワーホリライフinオーストラリア

元会社員が自由気ままなワーホリライフをオーストラリアからお届け!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超絶ありえない留学エージェント

さっき書いたこっちで働いてる日本人のいい年のおばさんなんの話なんですけどね、

去年、AUSに来たばっかりの時に体験した、

超絶むかついた話をしますね。

てか、その会社の名前も出しちゃうけど。

まじで未だにむかついてますから。

僕AUS来て2週間、ホームステイを申し込んであったんですよ。

日系の留学エージェントで。

そのエージェントでは語学学校も申し込んだんですけどね。

で、ホームステイ先のファミリーはとても優しくて、

大満足だったんです。

でも2週間という短い期間だったので、

その後のシェアハウスがうまく見つからずにいたんですね。

で、もう明日でホームステイ終了って時に、

ホストマザーが、明日からはどこに住むのかと聞いてきて、

いやまだ実は見つかってなくて、

見つかるまでバックパッカーに泊まろうと思ってると言ったら、

すごく心配してくれて、バッパーはうるさいし、お金盗まれたりするから危ないよ!と。

で、もしエージェントがOKなら、見つかるまで家に居ていいよ、と言ってくれました。

でもエージェントの決まりで、延長は無理というか、してはいけない決まりになってたんです。

それもママはわかっていたんですが。

しかも明日からまた別の留学生が来る予定になってるし。

でも、とりあえず聞かないとわからないじゃない!部屋ももう一つ空いてるしと言って、

電話掛けてくれようとしてたんですが、

その日は土曜日でエージェントのオフィスが休み。

で、思い出したのが、

エージェントにもらった紙に、オフィスの番号の横に普通に、

営業時間外のお電話はこちら

って、誰かの携帯の番号が載ってたんです。

僕が、ここにかけて聞いてみるよ!といって、掛けたんです。昼間に。

そしたら、電話出たのがエージェントのマネージャーかなんかのおばさん。

「なにかありましたか?」

で、これこれこうで、ホストマザーが僕を延長して住まわせていいかどうか聞きたい

ということで電話したと伝えました。

そしたら、

「あのねー・・・・○○クン?? これ緊急連絡先なの! そんなことで掛けないでほしいのね!?」

「いやでも、今日も明日もオフィス休みで、ママが延長できるかどうか聞きたくて、住まいの話って十分大事な話だと思うんです。僕は明日ここを出る予定で、オフィスが開くのは2日後なので、電話したんですよ・・。」

「はぁぁぁ・・・ あのね、○○クン? 私達は何百人って学生の人たちを抱えてるのね?

だからそんなわかりきったことでいちいち電話されたらこっちも困ってしまうのね?

前なんかね、ある女の子がクラブで酔っ払って頭痛くて家に帰れない、どうしよう って電話きたりしたの。

だからそういう人がいると、ホントにこっちだって困っちゃうの。私たちだって今日は休みなわけだしね?

それにね、○○クン手数料無料のキャンペーンでうちに学校とか申し込んでるよね?

こっちに一銭も払ってないわけだよね? 別途の一年サポートのオプションとか申し込んだわけでも無いでしょ?

ほんとそういう人がここに掛けてくるとホント困っちゃうのよ~、お金も払ってないでね?

ん~~~~~、とりあえずホストマザーと替わってくれる?」



で、ママに替わって、しばらく話した後にまた僕に替わり、

「あ、○○クン? あのね~、ホストマザーにもちゃんと伝えてあると思うんだけど、

延長はできないってことになってるよね? で、それ今ホストマザーにも再度確認したから。

ホストマザーとっても優しいでしょ?だから心配してくれてるみたいだけど、

それはダメって決まりだから。わかったよね?○○クン?

それでね~、○○ク~ン、、もっと英語勉強しなきゃダメだよ??

ねー、最低限やっぱ会話できないとこういうことにもなっちゃうわけだから。

だから家は自分でどうにかしてね?

それからこの番号は緊急用だから、ほんとに緊急な人がかけるのね?

だからそんなことで電話しないように、もっと英語勉強しなきゃだめだからね?」


と、こんな感じ。

電話終わって、ママもごめんね~と。

やっぱり決まりは決まりだからダメみたいなの、と。

心で、いやママ、そんなのは全然問題ないから、

あの女ぶっ飛ばしていいんかなぁぁぁ~~~!?!?!?

超絶気分悪くて、大して言い返せなかったことにも苛立ち、

気持ちがおさまらない・・・・・



他に学生何人抱えてるだとか、そんなん一客の俺からしたら、そんなん知るか!

金払ってないだとか言ったけど、ホームステイと学校の金は普通に払って、

手数料無料といいつつ俺らの金からそっちに利益回ってないわけ無いのに、

お前んとこで申し込んだのにこの言い草とは。。。

手数料無料エージェントなんて珍しく無いし、

結局ステイ先の家とか学校から金が入るのは明らかなのに、

手数料払ってない分際呼ばわり。

これにはビックリ。ひいたひいた。

お客様気取りする気はないが、

少なくとも、この会社を選んで学校とホームステイを申し込んだ。

なのに、無料で手配してやったんだ!

やってやってんだぞ! と言わんばかりの言い草。

何人の客を抱えてるとか、そんなんを客に言うか?

いまだかつてこんなこと言う人間に会ったこと無い。

しかもこの女の人、ここの部署の立場ある人間だ。

怒り通り越して、驚き、引きいた。


別途1年サポートを申し込んで無い人はここに掛けるな!とか、

緊急で死にそうな人限定!

とか、大々的にその番号の横に書いとけって話。


英語勉強しなきゃ・・のくだりも、

失礼極まりない。

言い訳をすれば、AUS着2週間未満。

語学学校が始まっても2週間未満。

そんな人間に対してあの言葉。

これが一番効いたかも。



そして僕は10代の少年じゃない。あんたの子でも生徒でも部下でもない。

言わせてもらえば、一大人の客です。

「○○クン」 「~なのね?」 「わかるかな?」 「~でしょ?」

この言葉遣いはありえましぇん。

あーむかついてきたー^^;


言わせてもらおう、

オーストラリ○留学セ○ターの、

ゴールド○ースト支店

タケ○ ナ○ミw


このおばさんは超絶ありえん。

立場ある人っぽいから、支店自体というか、

会社自体こんな社風なんじゃなかろうか。

土下座されても許しきれないかもしれない。

それくらい心にキズを負いましたよw



もう1年半も前のことだけど、

たびたび思い出してはむかついてしまう。

当時は着いて2週間でこんな気持ちにさせられ、

その後何日かはむかついてむかついてどうしようもなかった。

何も言えなかった自分にもだけど。



ワーホリ考えてる人いたら、

ここの会社は避けていただきたい。

人間性を疑ってしまった。

トラウマ級だよ。

悲しいのとかはわかるけど、むかつくトラウマって何だよw
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
性別:
男性
趣味:
旅行、スキューバダイビング
自己紹介:
2012年1月更新

2010年4月からGC入りして、ただいまワーホリ2ndビザでオーストラリアでのんびり、韓国人の彼女と暮らしてます。
ビザの残りもあと少し!
今はQLD州のファームで、余生を過ごしてます。
このクッソ暑い田舎で。
AUSを出たら、東南アジアを回って、韓国へ寄って、帰国です。
AUS来て一度も日本帰ってないので、
そろそろ限界・・かも。

とりあえずカジノで一発当てて、ファームなんか辞めてパパッっとどっかへひとっ飛びしたい気分なんだ。

暑すぎ。

AUS情報

最新コメント

[06/22 ぽ]
[06/21 あんな]
[06/20 ぽ]
[06/15 ひさえ]
[05/19 Backlinks]

フリーエリア

カウンター


アクセス解析

ブログパーツ

リンク

・あち★こち☆NIPPON!!
・浮世行脚
・120%CRAAZY
・ひさぶろ

みんなでつなごう相互リンクの輪 人気ブログランキングへ

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright ©  -- みちのくワーホリライフinオーストラリア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]